並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. 18 – IPMモータの熱解析

    モータの高効率化および高出力化を実現するためには、温度上昇の問題を如何に解決するかが重要となります。温度上昇の問題の解決には、発熱源である損失自体を減らす磁気設計を施す事も重要で…

  2. 208 – 変形を考慮した高周波焼入れの解析 (Abaqus連携)

    車は機械強度が求められる製品であるため、表面熱処理として高周波焼入れが行われます。高周波焼入れでは短時間に歯車表面のみを急速加熱できることから、表面の硬度は高めつつ、内部には靱性…

  3. 228 – 誘導電動機の熱解析

    ここでは、誘導電動機の温度分布を評価した事例を紹介します。

  4. 218 – 変形を考慮した高周波焼入れの解析

    ここではJMAGの磁界-熱応力の連成解析機能を用いて、誘導加熱硬化による歯車の変形を評価する解析を行っています。

  5. 220 – 冷却工程を含めた歯車の高周波焼入れ解析

    ここでは、冷却工程までを含めた誘導加熱計算を扱います。冷却条件に応じて歯車の冷却速度に違いが生じる事例を紹介します。

  6. 250 – ローラ電極を有する高周波プレヒータの誘電加熱解析

    ここでは、ローラ電極のピッチが材料(タブレット)の温度分布へ与える影響を評価した事例を紹介します。

  7. Integrated Framework for Design Synthesis and Optimization of IPM Machine for Off Highway Applications

    John Deere India Pvt. Ltd. Shashikiran HK

  8. 電流制御を用いた誘導加熱解析

    光洋サーモシステム株式会社 中田 綾香

  9. 高周波焼入れにおける電磁界-熱応力連成解析と実験検証

    電気興業株式会社 粟田 洋平

  10. JMAG-Designer を使用した高調波損失計算と、FloTHERM を使用した熱流体解析の連携による、車載モータの発熱計算手法(第二報)

    アイシン精機株式会社 河治 学

  11. Motor-CAD によるモーター熱解析のご紹介

    ローマックス・テクノロジー・ジャパン株式会社 Soumya Dutta

  12. 混相流遷移とマルチ時間スケール連成による駆動モータの油冷解析

    シーメンスPLM ソフトウェア・コンピューテイショナル・ダイナミックス株式会社 佐藤 誠

  13. 249 – 平行平板電極を有する高周波プレヒータの誘電加熱解析

    ここでは、補助電極の有無による材料(タブレット)の温度分布への影響を評価した事例を紹介します。

  14. [L-MU-92] JMAG/Particleworks連携によるモータの冷却解析

    モータの温度管理は重要な課題です。PMモータの磁石は温度上昇によって減磁が生じ、高効率が失われてしまいます。自然空冷で十分に温度上昇を防げる場合は、複雑な液冷機構を設ける必要はあり…

  15. [L-MU-07] 専用ツールとの連携によるマルチフィジックス解析

    電気機器設計において、強度や発熱、振動・騒音の課題を磁気設計の段階で検討し同時に解決するためには、マルチフィジックス解析が有効です。しかし、構造解析、流体解析、磁界解析、熱解析そ…

  16. 233 – 誘導加熱コイルの最適化

    ここでは、歯車の高周波焼入れに使用するコイルの設計に最適化機能を用いて実施した例を示します。

絞込み検索

  • カテゴリー一覧