モータ駆動状態におけるコア内部磁束の測定手法

株式会社豊田中央研究所
システムエレクトロニクス2部 モータシステム研究室
前田 義隆

概要

高効率モータの設計には、実駆動状態において、モータコアの正確な磁気特性評価が必要となる。我々は、モータコア内部の現象を正確に把握するため、積層コア内部の磁束流れ可視化について検討を行ってきた。検討を行うにあたって、我々は電磁鋼板1枚よりも薄い3軸磁束密度センサを用いる測定手法を開発した。このセンサは、その薄さのために、モータ内部の磁束流れを妨げること無く、積層コア間の狭い空間に配置可能である。本発表では、開発したセンサを用い、モータ駆動状態で、コア内部の磁束を測定する方法について解説する。さらに、測定と解析の比較結果も示す。

講演論文を閲覧いただくには、会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。サインインまたは、会員登録が必要です。
会員登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン  

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ