[L-MB-79] 制御系を考慮した回路連成機能

概要

磁気設計において過渡的な応答特性を評価するためには、基本特性だけでなく、制御系を考慮しなければならない場合があります。特に駆動系を持つ磁気デバイスでは、制御系を考慮することで実際の運動状態をより詳細に表現することができます。
JMAGでは、回路情報や移動量を状態変数として、制御ブロックを定義することができます。制御ブロックはPythonコードで記述できるため、任意の制御システムを自由に作成することが可能です。

続きを読むには、会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。サインインまたは、会員登録が必要です。
会員登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン  

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧