リーフレット

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. [L-OP-57] 多種多様な設計案の迅速な評価

    高性能な機器の設計を追及するためには、設計案のわずかな変更が機器特性におよぼす影響を把握する必要があります。

  2. [L-TR-44] 電力変圧器の巻線振動解析

    変圧器から発生する巻線振動は、巻線からの漏れ磁束が巻線内の電流に作用することで発生する、ローレンツ力を振動力とする振動現象です。

  3. [L-MO-54] JMAG-Express Online

    JMAG-Express Onlineは、モータ設計をいつでもどこでも行えるようにサポートするWEBサービスです。

  4. [L-SE-59] 高調波損失解析における詳細モデリング

    PWMインバータにより駆動するIPMモータでは、キャリア高調波による渦電流損失が起こります。高効率を得るためには、設計時に高調波損失の評価を行うことが重要です。

  5. [L-OP-27] JMAG-Explorerにより膨大な解析データから必要な情報を瞬時に抽出

    JMAG-Explorerは膨大な数のJMAG関連ファイルから、瞬時にファイルを探し出すことが可能なツールです(プロジェクトファイル、JCFファイル、結果ファイル)。

  6. [L-SE-163] 高性能な多ケース計算

    本事例では、駆動用モータ、補機モータ、リアクトルを対象とし、パワーシミュレーションライセンスを使用して100ケースを同時実行した場合のパフォーマンスを示します。ケース毎の逐次計算と比…

  7. [L-OP-61] 円滑でロバストなJMAGの最適化プロセス

    最適化は機械の設計には必要不可欠ですが、最適化を行う際には、磁気だけでなく機械や熱設計の問題も考慮する必要があります。JMAGは、マルチフィジックスシミュレーションに対応しており、マ…

  8. [L-HU-168] 多並列計算を活用して大規模モデルを高速に求解

    精度のよい損失解析のための選択肢として3D解析があります。しかし、要素数は数百万に及ぶことも多く計算コストの面で用途が限られてきました。十分な解析結果を設計に反映させるためには、実…

  9. [L-MU-169] アキシャルギャップモータの熱回路モデルによる解析と実測比較

    本事例では、すべてを熱回路でモデル化した解析結果と実測とを比較しています。熱回路モデルでは、固定子や回転子など各部品の伝熱特性をそれぞれ熱的に等価な回路で表現し、各部品間およびエ…

  10. [L-MO-09] コイルエンドを含む素線形状をテンプレートで簡単に作成

    角線コイルの利用やモータの高速化に伴い、コイル交流損失は無視できない損失要因になってきています。コイル交流損失は、周波数や素線形状・配置による表皮効果や近接効果、さらにはコイルエ…

  11. [L-OP-25] クラウド環境でのJMAGの活用

    CAEにおけるクラウドサービスの提供が進んでいます。必要なタイミングで十分な計算リソースを利用して解析業務を行うことができます。JMAGはいくつかのクラウドサービス上でお使いいただけます…

  12. [L-HU-08] 複雑な3次元モデルも短時間でFEAモデルへ

    部品数に比例して増加していた処理を並列化して行うことで、メッシャの処理速度を上げ、メッシュ生成時間を大幅に短縮させました。生成時間の短縮により、解析対象の周囲部品の取り込みやコイ…

  13. [L-MA-04] より使いやすくなった鉄損解析機能

    鉄損解析を行う際、解析対象、目的、精度、利用可能なデータの種類などを考慮して最適な手法を選択する必要があります。

  14. [L-SE-116] 補正機能を用いた電磁力の計算精度向上

    動作の精度が要求される精密機器の解析では、漏れ磁束などによって生じる微小な電磁力にも高い精度が要求されます。

  15. [L-MU-110] JMAG-RTモデルを用いた制御・回路連成の早期定常化

    モータの性能評価の多くは定常状態で行います。制御・回路連成をおこなった際に過渡現象が生じると、定常状態まで電気角数周期分計算する必要があります。特にPWMキャリアの電流波形を捉える時…

  16. [L-MO-108] 制御を考慮したモータの性能評価

    モータのコンポーネント設計段階では、理想的な正弦波電流でモータの性能評価を行います。しかし、実駆動時の電流は制御やインバータの影響で理想的な正弦波にはなりません。インバータによる…

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して