検索結果

並べ替え条件
新しい順
古い順
views
  1. [L-OP-35] MATLAB m-fileでJMAG-Designerをコントロール

    エンジニアリング業務においてMATLABは幅広く使われており、様々な処理がMATLAB m-fileで記述されます。JMAGのスクリプトコマンドはMATLABのm-file上でも利用可能です。これによりm-fileで処理されるエンジニアリン…

    2018-09-19

  2. [L-OP-34] JMAGからMATLAB最適化エンジンを利用する

    エンジニアリングにおいてMATLABは広く利用されています。最適化計算においてもGlobal Optimization Toolboxが多く利用されています。JMAGの最適化計算インターフェースは、簡単にMATLABと連携することができます。…

  3. [L-MO-29] JMAG (FEA) による効率マップの作成

    モータの動作域全域の性能を表現する特性として効率マップが有効です。効率マップを得るためには効率が最大となる条件を探索する必要があり、これまではJMAG-RTモデル(プラントモデル)を用いて効率マップを書くこ…

  4. [L-MO-10] モータ設計ツールJMAG-Express

    JMAG-Expressはモータ設計ツールです。電卓のように、瞬時にモータ特性を計算し、要件を満足する設計仕様を出力します。有限要素法をベースにしているため、モータの微細な形状や高負荷時の磁気飽和を考慮すること…

  5. [L-MO-09] コイルエンドを含む素線形状を テンプレートで簡単に作成

    角線コイルの利用やモータの高速化に伴い、コイル交流損失は無視できない損失要因になってきています。コイル交流損失は、周波数や素線形状・配置による表皮効果や近接効果、さらにはコイルエンドを鎖交する漏れ磁…

  6. [L-MB-36] JMAG-RTから得られる詳細モータ特性で 制御モデル高精度化

    モータ制御における制御パラメータの同定にはモータ特性が必要です。これまでは、コントローラ側の動作点に依らないインダクタンス、誘起電圧の定数項からなるモデルであるため、指令値に対する出力の追従性に課題…

  7. [L-MB-33] モータドライブ開発を支援する JMAG-MATLAB/Simulink連携

    JMAGは、MATLAB/Simulink(以下Simulink)を開発するMathWorksと共同で、EV/HEVをはじめとしたモータドライブ開発に有用なモデルベース開発(以下MBD)を強力に支援します。モータドライブシステムは、高い応答性と…

  8. [L-MB-32] 制御時機器の応答性を高い精度で再現する直接連携解析

    電磁弁やインジェクタなど制御に対して高速な応答性が求められる機器では、制御の高度化に伴いシミュレーションに求められる精度が高くなってきています。これらの機器では制御・回路シミュレーションにおいて動作…

  9. [L-MB-30] JMAG-RTで制御時のモータ特性を正確にとらえる

    一般的にモータドライブシステムの制御・回路シミューションで用いられるモータモデルの特性は駆動状態に対して一定と仮定されることが多くあります。これはモデル準備のコストが低いこと、評価する項目が制御時の…

    2018-09-13

  10. [L-MB-28] モデルベース開発に組み込まれるJMAG

    モデルベース開発(以下MBD)では、実機を高精度に模擬できるプラントモデルが要求されます。実機相当のプラントモデルを利用することによって、設計工程における事前検証やモデルを介した誤解のないコミュニケーシ…

  11. [L-MA-38] 応力依存性材料特性による鉄損計算精度改善

    モータの効率は重要な評価項目ですが、実測値と解析値の乖離がしばしばおこります。乖離の原因の一つに実機では様々な要因で応力が印可されており鉄損が増加することが挙げられます。JMAGの応力依存性材料特性を活…

  12. [L-MA-04] より使いやすくなった鉄損解析機能

    高機能を誇るJMAGの鉄損解析機能のインターフェースがより使いやすくリニューアルされました。鉄損解析は解析対象、目的、精度、利用可能なデータの種類などによって選択肢があり、単純な解析ではありません。JMAG…

  13. [L-MB-31] JMAG-RTモデルによるモータの内部状態モニタリング

    電気自動車、ロボットなどモータを用いる機器の普及に伴い、モータには静粛性、安全性が要求されるようになっています。それによりモータの制御では磁束波形を正弦波にコントロールするなどこれまで使わなかった情…

    2018-08-29

  14. [L-SE-81] メッシュ検討をより高速に

    JMAGのメッシュ生成機能が、さらに高速化しました。新しいメッシャでは、自由曲面での接触判定や干渉チェックなどの前処理を効率化しており、部品数や面の数が多いモデルで大きな効果が期待できます。

    2018-07-23

  15. [L-OP-78] ユーザ定義の形状モデルライブラリ

    解析で使用するモデル形状を管理する形状ライブラリが新たにJMAGに搭載されました。ユーザ自身で作成した形状情報を登録・共有することができます。登録された形状データは、ユーザが定義した任意の変数を用いて形…

  16. [L-OP-26] 多ケース計算のライセンスコスト削減

    パラメトリック解析、最適化、JMAG-RTモデル生成など多ケース計算のライセンスコストを抑える新ライセンス体系を導入いたしました。設計空間探索、MBDのためのプラントモデル(システムシミュレーションで制御対象と…

絞込み検索