リニアモータ

JMAGは可動子の推力、コギング力評価だけでなく、固定子のティース先端に働く電磁力分布の分析も行うことができます。コギング力を忠実に再現するために、モデル形状を正確に認識し周期、対称性のある高品質なメッシュを自動的に生成します。推力やリップルを正しく把握することで、高精度な位置決め制御の検討が行えます。

評価項目

コギング力、推力、吸引力、応答性、渦電流、残留磁化、電流制御、誘起電圧、効率、損失、発熱、振動、騒音

事例

電磁力解析

無負荷時のコギング力や負荷時のリップル波形の調波分析を行うことで加振源となる電磁力の高調波成分を確認します。固定子側の磁石に制振を実現する適切なスキュー施すことで、推力を保ったままコギング力の振幅をスキューのない場合に比べて50%以上低減しています。




並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • JMAG-RT モデルライブラリ

    [RTML-045] LSM_01

    型式:LSM 出力:2k 電源:DC400(V) ロータ:SPM

    2018-03-05

    • アプリケーションカタログ

    134 – 制御シミュレータとJMAG-RTを用いた永久磁石型リニアモータの速度制御解析

    リニアモータは高速、高加減速、高い位置決め精度を実現できるため、搬送装置や工作機械などに使われています。リニアモータの一種である永久磁石型リニアモータはその原理、構造面の要因より、推力にコギングやリ…

    2018-02-19

    • アプリケーションカタログ

    112 – 誘導リニアモータの始動推力特性解析

    リニアモータは高速、高加減速、高い位置決め精度を実現できるため、搬送装置や工作機械などに使われています。リニアモータの一種である誘導リニアモータは一次側がコイル、二次側がアルミニウムや銅のような磁化…

    • アプリケーションカタログ

    104 – 誘導リニアモータの推力特性解析

    1次側がコイル、2次側がアルミニウムや銅のような磁化しない導体が利用できるため安価に構成できます。誘導リニアモータは低すべり時に性能低下を引き起こす端効果という特有の現象も有しており、誘導リニアモータ…

    • アプリケーションカタログ

    64 – コアレスリニアモータの推力解析

    2018-02-16

    • アプリケーションカタログ

    54 – コイル可動型リニアモータのコギング解析

    • アプリケーションカタログ

    41 – 制御シミュレータとJMAG-RTを用いた永久磁石型リニアモータの位置決め制御解析

    リニアモータは高速、高加減速、高い位置決め精度を実現できるため、搬送装置や工作機械などに使われています。リニアモータの一種である永久磁石型リニアモータはその原理、構造面の要因より、推力にコギングやリ…

    • JMAGユーザー会講演論文集

    リニアモータ技術を応用した鉄道車両用レールブレーキの開発

    公益財団法人鉄道総合技術研究所 浮上式鉄道技術研究部 坂本 泰明

    2015-03-13

    • JMAGユーザー会講演論文集

    リフトモーションに適した円筒状リニアモータの開発

    株式会社 安川電機 技術開発本部 開発研究所 エネルギー変換技術グループ 豊田 昭仁

    2013-03-13

    • アプリケーションカタログ

    2 – 永久磁石型リニアモータのコギング解析

    2006-10-30

絞込み検索