リニアモータ

並べ替え条件
新しい順
古い順
Views
  1. [RTML-045] LSM_01

    型式:LSM 出力:2k 電源:DC400(V) ロータ:SPM

  2. JMAGの密度法によるトポロジー最適化適用事例

    株式会社デンソー 鄭 淅化

  3. Electromagnetic Materials Suited for Electrified Transport

    Sigrid JACOBS, ArcelorMittal / Jan RENS, ArcelorMittal

  4. 272 – 曲線部を有するリニアアクチュエータの推力解析

    ここでは、曲線部を有するリニアアクチュエータの推力特性を解析で求め、直線運動から曲線運動に遷移したときの推力を評価します。

  5. 64 – コアレスリニアモータの推力解析

    ここでは、コアレスリニアモータに3相交流を通電して駆動した場合の推力変動を求めています。

  6. [L-SE-117] 不整合メッシュへの対応

    有限要素法を用いた解析では、運動領域と静止領域の接続面のメッシュを整合させます。そのためには、ステップ移動量がメッシュ分割の整数倍となるように調整します。例えば、PWMキャリアを考慮…

  7. Linear Motor & Eddy Current Brake Design For The Worlds First Hyperloop Test Trac

    Arbi Gharakhani Siraki, Virgin Hyperloop One

  8. 大規模モデルによるリニアレールブレーキの解析

    公益財団法人鉄道総合技術研究所 依田 裕史

  9. 134 – 制御シミュレータとJMAG-RTを用いた永久磁石型リニアモータの速度制御解析

    リニアモータは高速、高加減速、高い位置決め精度を実現できるため、搬送装置や工作機械などに使われています。リニアモータの一種である永久磁石型リニアモータはその原理、構造面の要因より…

  10. 112 – 誘導リニアモータの始動推力特性解析

    リニアモータは高速、高加減速、高い位置決め精度を実現できるため、搬送装置や工作機械などに使われています。リニアモータの一種である誘導リニアモータは一次側がコイル、二次側がアルミニ…

  11. 104 – 誘導リニアモータの推力特性解析

    1次側がコイル、2次側がアルミニウムや銅のような磁化しない導体が利用できるため安価に構成できます。誘導リニアモータは低すべり時に性能低下を引き起こす端効果という特有の現象も有してお…

  12. 54 – コイル可動型リニアモータのコギング解析

    概要リニアモータは、高加減速、高い位置決め精度を実現することができるため、搬送装置や工作機械の駆動装置などに使われています。性能向上の課題として、応答性を向上するためには大きな推…

  13. 41 – 制御シミュレータとJMAG-RTを用いた永久磁石型リニアモータの位置決め制御解析

    リニアモータは高速、高加減速、高い位置決め精度を実現できるため、搬送装置や工作機械などに使われています。リニアモータの一種である永久磁石型リニアモータはその原理、構造面の要因より…

  14. リニアモータ技術を応用した鉄道車両用レールブレーキの開発

    公益財団法人鉄道総合技術研究所 坂本 泰明

  15. Optimal design and performance analysis of an ironless permanent-magnet linear motor

    Zwe-Lee Gaing, Kao-Yuan University

  16. リフトモーションに適した円筒状リニアモータの開発

    株式会社安川電機 豊田 昭仁

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧