JMAGの密度法によるトポロジー最適化適用事例

株式会社デンソー
基盤技術開発部 CAE技術開発室
鄭 淅化

概要

設計する形状パラメータを事前に設定する必要がなく、究極の形状が得られるトポロジー最適化が注目されており、電磁場応用製品でもその活用が広まっている。JMAGではON/OFF法をベースとするNGnet法が実装され、その活用事例も多数報告されている。一方で、20年の新バージョンでは随伴解析をベースとする密度法が新たに実装された。本発表では、JMAGの密度法の適用事例を通じて、その効果と課題について報告する。

講演論文を閲覧いただくには、会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。サインインまたは、会員登録が必要です。
会員登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン  

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ