[JFT071] ユーザー定義計算素子の作成

データをダウンロードするには、ライセンスIDもしくはユーザーIDが必要です。

手順・サンプルデータ

はじめに

JMAGでは、回路情報や移動量などを状態変数として、制御ブロックを定義することができます。その際、Pythonで記述されたプログラムを用いることで、任意の演算を行い制御信号として出力することが出来ます。
本資料では、ユーザー定義計算素子の作成方法を学習します。

キーワード

制御、Python、ユーザー定義計算

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧