[JFT100] 要素ごとの材料割り当て

サインイン するとデータがダウンロードできます
Remember me
サインイン

※ライセンス管理者に案内をしているライセンスIDとパスワード、もしくはユーザーIDをご用意ください。
※尚、JMAG WEB MEMBER(無料会員)向けのサービスとは異なります。ご注意ください。
JMAG WEBサイトの認証IDに関して

はじめに

有限要素法は解析領域をメッシュ分割するため、要素ごとに材料を変更することで形状変更や材料特性の劣化領域を表現することが出来ます。JMAGにおいても、要素ごとに材料を変更することができます。
本資料では、ある部品の要素ごとに異なる材料を設定し、要素ごと材料指定が異なる複数のケースを作成する手順について学習します。

キーワード

材料、メッシュモデル、要素グループ

図a 要素ごとの材料設定の詳細

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧