設計探査 / 最適化

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. [JFT070] JMAG-Designerを用いたPMモータの効率マップ作成(精度優先モード)

    本資料では、JMAG-Designerの効率マップスタディ(精度優先)を用いて、効率マップを作成する方法について学習します。

  2. [JFT081] JMAG-Designerを用いた誘導機の効率マップ作成(速度優先モード)

    本資料では、JMAG-Designerの効率マップスタディ(速度優先モード)を用いて、誘導機の効率マップを作成する方法について学習します。

  3. [JFT057] トポロジー最適化の実行方法

    本資料では、JMAGを用いてトポロジー最適化を実行する方法について学習します。

  4. [JFT082] 多ケース計算時のコンター図を含むレポートの自動出力

    本資料では、多ケース計算中のレポートファイルの出力方法を学習します。

  5. [L-OP-107] 極数、スロット数をパラメトリックに変更可能な巻線エディタ

    モータ設計の初期段階では様々なモータタイプ、極数、スロット数の組み合わせが検討され、設計要求を満たす設計案を探索します。JMAGでは巻線エディタと形状ライブラリを組み合わせて使用し、…

  6. [L-OP-109] トポロジー最適化を用いた新しいアイデアの探索

    モータ設計に求められる要件は高度化しており、トルクリップルや逆起電圧、線間電圧制限、磁石の減磁耐性、コアにかかる応力の制約を満たしつつ、低速時や高速時のトルクを最大化させることが…

  7. [JFT076] 複数のスタディを用いた形状最適化実行方法

    本資料では、複数のスタディを用いた形状最適化の実行方法を学習します。

  8. [JFT075] 寸法多目的最適化計算の手順

    本資料では、寸法を設計変数とし相反性のある評価項目に対して多目的最適化計算を実行する手順について学習します。

  9. 223 – 高回転時の応力を考慮したIPMモータの多目的最適化

    ここでは、トルク特性(5,000(r/min))と高回転時(10,000(r/min))の遠心力による応力を目的関数とし、多目的遺伝的アルゴリズムによるロータ形状の設計を行った事例をご紹介します。

  10. Development of High-Power-Density Machines for Aircraft Applications

    University of Wisconsin-Madison Dheeraj Bobba

  11. 腕時計用モータ設計におけるJMAGトポロジー最適化の適用検討

    セイコーインスツル株式会社 木村 礼子

  12. Integrated Framework for Design Synthesis and Optimization of IPM Machine for Off Highway Applications

    John Deere India Pvt. Ltd. Shashikiran HK

  13. PSL(Power Simulation License)を活用した磁場+構造連携による永久磁石モータの解析

    東芝インフラシステムズ株式会社 松下 真琴 / 株式会社JSOL 中岡 高司

  14. Application of Machine Learning and Enhanced 3D Modeling on HPC Systems for End-Winding AC Loss Model Identification

    Robert Bosch GmbH David Philipp Morisco

  15. JMAG最適化機能を用いたソレノイドの吸引力解析

    CKD 株式会社 畑中 翔太朗

  16. JMAGを用いた自動車用非接触給電コイルの最適形状の検討

    株式会社テクノバ 藤田 稔之

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧