設計探査 / 最適化

並べ替え条件
新しい順
古い順
Views
  1. [JFT125] 効率マップスタディにおけるモード間でのオペレーティングポイント継承

    本資料では、速度優先モードで得られたオペレーティングポイントの情報を精度優先モードで使用する方法について学習します。

  2. [JFT058] JMAG-Designerを用いた効率マップの作成 (速度優先モード)

    本資料では、JMAG-Designerの効率マップスタディ(速度優先)を用いて、効率マップを作成する方法について学習します。

  3. [JFT124] 最適化計算時に形状破綻を低減する寸法範囲の探索

    本資料では、最適化計算時に形状破綻を低減する寸法範囲の探索に有用な機能の使用方法を学習します。

  4. [JFT131] NGnetの重みを用いた形状の類似度の評価

    本資料では、NGnetを用いたトポロジー最適化の実行後に、NGnetの重みから形状の類似度を評価する方法について学習します。

  5. [JFT136] SSH設定のリモートマシンへの送信

    本資料では、ローカルマシンで設定したSSH設定をリモートマシンへ送信し、他ケース計算を実行する方法を学習します。

  6. [JFT122] 次数低減モデルを用いた最適化計算の実行

    本資料では、次数低減モデルを使用した単独解析と最適化を実行する方法を学習します。

  7. [JFT132] パラメータとトポロジーの同時最適化

    ここでは、パラメータとトポロジーを同時に最適化する方法を学習します。

  8. [JFT112] NGnetを用いたトポロジー最適化におけるスクリプトを用いた応答値の定義

    本資料では、Pythonスクリプトを使用して応答値を計算し、目的関数として使用したトポロジー最適化を行う方法について学習します。

  9. [L-OP-25] クラウド環境でのJMAGの活用

    CAEにおけるクラウドサービスの提供が進んでいます。必要なタイミングで十分な計算リソースを利用して解析業務を行うことができます。JMAGはいくつかのクラウドサービス上でお使いいただけます…

  10. [W-OP-96] 駆動用モータの多目的最適化実現のための GA の必要性

    本稿では設計変数が12個(形状変数8個、回路変数4個)、目的関数は回転数1,200rpm、9,000rpmそれぞれにおいてトルク最大化、リップル最小化、電圧最小化の合計6つと、応力が20Mpa以下という制…

  11. AI技術とデータ駆動による電磁界解析・最適化計算の効率化

    北海道大学 五十嵐 一

  12. 機械学習を活用した自動車駆動用IPMSMの最適設計期間短縮

    大阪府立大学 清水 悠生

  13. ガウスカーネル回帰による電磁素子の3次元設計手法 -順方向設計と逆方向設計-

    日本テキサス・インスツルメンツ合同会社 佐藤 佑樹

  14. JMAGの密度法によるトポロジー最適化適用事例

    株式会社デンソー 鄭 淅化

  15. 自動車駆動用モータへのトポロジー最適化解析技術の適用

    日立オートモティブシステムズ株式会社 吉成 幸広

  16. Motor Efficiency Improvement Toward New Energy Vehicle Drive Cycle based on Multi-objective Optimization Algorithm

    Xiangrui Yin, China FAW Group Co.,Ltd

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧