設計探査 / 最適化

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. [JFT146] 代理モデルを援用した最適化計算

    本資料では、代理モデルを援用した最適化計算のワークフローとして、学習データの作成、代理モデルの作成、代理モデルを援用した最適化計算の実行方法について学習します。

  2. [JFT097] 材料特性を設計変数とした最適化実行方法

    本資料では、材料特性を設計変数とした最適化を実行する方法について学習します。

  3. [JAC233] 誘導加熱コイルの最適化

    ここでは、歯車の高周波焼入れに使用するコイルの設計に最適化機能を用いて実施した例を示します。

  4. [JFT070] JMAG-Designerを用いたPMモータの効率マップ作成(精度優先モード)

    本資料では、JMAG-Designerの効率マップスタディ(速度優先モード)から、効率マップスタディ(精度優先モード)を作成する方法について学習します。

  5. [JFT135] SSHを使用したトポロジー最適化計算の分散実行

    本資料では、SSHを使用してLinuxのリモートマシンでon/off法を用いたトポロジー最適化計算を実行する方法を学習します。

  6. [JFT058] JMAG-Designerを用いた効率マップの作成 (速度優先モード)

    本資料では、JMAG-Designerの効率マップスタディ(速度優先)を用いて、効率マップを作成する方法について学習します。

  7. [JFT124] 最適化計算時に形状破綻を低減する寸法範囲の探索

    本資料では、最適化計算時に形状破綻を低減する寸法範囲の探索に有用な機能の使用方法を学習します。

  8. 株式会社アイエムエス

    創業以来「着磁のスペシャリスト」として、磁気応⽤製品の先端技術開発を⽀え続けています。

  9. [JFT136] SSH設定のリモートマシンへの送信

    本資料では、ローカルマシンで設定したSSH設定をリモートマシンへ送信し、他ケース計算を実行する方法を学習します。

  10. [JFT125] 効率マップスタディにおけるモード間でのオペレーティングポイント継承

    本資料では、速度優先モードで得られたオペレーティングポイントの情報を精度優先モードで使用する方法について学習します。

  11. [JFT132] パラメータとトポロジーの同時最適化

    ここでは、パラメータとトポロジーを同時に最適化する方法を学習します。

  12. [JFT131] NGnetの重みを用いた形状の類似度の評価

    本資料では、NGnetを用いたトポロジー最適化の実行後に、NGnetの重みから形状の類似度を評価する方法について学習します。

  13. [JFT122] 次数低減モデルを用いた最適化計算の実行

    本資料では、次数低減モデルを使用した単独解析と最適化を実行する方法を学習します。

  14. [JFT112] NGnetを用いたトポロジー最適化におけるスクリプトを用いた応答値の定義

    本資料では、Pythonスクリプトを使用して応答値を計算し、目的関数として使用したトポロジー最適化を行う方法について学習します。

  15. [L-OP-25] クラウド環境でのJMAGの活用

    CAEにおけるクラウドサービスの提供が進んでいます。必要なタイミングで十分な計算リソースを利用して解析業務を行うことができます。JMAGはいくつかのクラウドサービス上でお使いいただけます…

  16. [W-OP-96] 駆動用モータの多目的最適化実現のためのGAの必要性

    目次1. 駆動用モータの多目的最適化の必要性 2. GAによる多目的最適化計算3. まとめと今後4. 参考文献1. 駆動用モータの多目的最適化の必要性HEVやEV用の駆動用モータは駆動状態ごとに求められ…

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して