[JFT112] NGnetを用いたトポロジー最適化におけるスクリプトを用いた応答値の定義

データをダウンロードするには、ライセンスIDもしくはユーザーIDが必要です。

手順・サンプルデータ

概要

電気機器の設計現場では様々な試行錯誤による最適設計が検討されています。形状そのものを大幅に変更できるトポロジー最適化が試みられており、今までに考えられていなかった斬新な設計案が生み出されつつあります。
JMAGでは、NGnet(on/off法)を用いたトポロジー最適化の機能を有しています。その際に、Pythonスクリプトで定義した応答値を使用することで、多様な目的関数を扱うことができます。
本資料では、Pythonスクリプトを使用して応答値を計算し、目的関数として使用したトポロジー最適化を行う方法について学習します。

キーワード

Python、スクリプト、トポロジー最適化、on/off法、NGnet、目的関数、応答値

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧