[JFT118] SSHを使用したパラメータ最適化計算の分散実行

データをダウンロードするには、ライセンスIDもしくはユーザーIDが必要です。

手順・サンプルデータ

はじめに

パラメータ最適化計算は、目的関数の値を最適にする設計変数の値を自動で探索します。多ケースの計算が必要となりますが、ネットワークで接続されたリモートマシンの多数のコアを使用し、処理を分散させ高速化が図れます(図a)。
リモート実行は、JMAGが開発したジョブ管理システム(JMAG-RemoteSystem)を使用する方法と、SSH(Secure Shell)を介してリモートマシン(またはサードパーティ製ジョブ管理システム)を使用する方法があります。
本資料では、SSHを使用してLinuxのリモートマシンで最適化計算を実行する方法を学習します。


図a リモートマシン機能を使用した分散実行の計算の流れ

キーワード

パラメータ最適化、リモートマシン、Linux、シェル、SSH、ジョブ管理システム、PBS、分散実行

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧