[JFT122] 次数低減モデルを用いた最適化計算の実行

データをダウンロードするには、ライセンスIDもしくはユーザーIDが必要です。

手順・サンプルデータ

はじめに

多数のモータ設計案に対する性能を評価するには、通常計算コストを要します。JMAGでは次数低減モデルを使用することで高速に多数の設計案を評価することが可能です。
適用例として、実行可能解が得られにくい多目的・多制約の最適化問題があります。遺伝的アルゴリズムの探索を多段階に分けて効率的に解を探索するアプローチです。第一段階の最適化計算では次数低減モデルを用いて高速に計算を行い、設計変数の範囲を絞り込みます。第二段階では絞り込まれた設計変数範囲に対して、高精度なFEAを用いた最適化を行います。結果として、全体的な最適化の時間を短縮できます。
本資料では、次数低減モデルを使用した単独解析と最適化を実行する方法を学習します。

キーワード

次数低減モデル、ROM、効率マップ解析、回転機、最適化、遺伝的アルゴリズム、GA、多目的、多制約、多段階

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧