[JFT131] NGnetの重みを用いた形状の類似度の評価

データをダウンロードするには、ライセンスIDもしくはユーザーIDが必要です。

手順・サンプルデータ

はじめに

電気機器の設計現場では最適設計に関して、形状そのものを大幅に変更できるトポロジー最適化が試みられています。結果として多数の設計案が得られるため、トポロジーの類似度に応じてグループ分けを行い、評価を進めることなどが考えられます。
最適化手法の一つであるNGnetを用いたon/off法は、設計領域に配置したガウス関数の重みによって形状を定義します。JMAGでは、最適化計算後にガウス関数の重みを出力させることが可能です。
本資料では、NGnetを用いたトポロジー最適化の実行後に、NGnetの重みから形状の類似度を評価する方法について学習します。

キーワード

トポロジー最適化、類似度、クラスタリング、on/off法、NGnet、ガウス関数、重み

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧