[JFT135] SSHを使用したトポロジー最適化計算の分散実行

サインイン するとデータがダウンロードできます
Remember me
サインイン

※ライセンス管理者に案内をしているライセンスIDとパスワード、もしくはユーザーIDをご用意ください。
※尚、JMAG WEB MEMBER(無料会員)向けのサービスとは異なります。ご注意ください。
JMAG WEBサイトの認証IDに関して

はじめに

電気機器の設計現場では最適設計に関して、形状そのものを大幅に変更できるトポロジー最適化が試みられています。結果として多数の設計案が得られるため、今までに考えられていなかった斬新な設計案が生み出されつつあります。
on/off法を用いたトポロジー最適化を実行する際に多ケースの計算が必要となります。ネットワークで接続されたリモートマシンの多数のコアを使用し、処理を分散させることで高速化が図れます(図a)。
リモート実行は、JMAGのジョブ管理システム(JMAG-RemoteSystem)を使用する方法と、SSH(Secure Shell)を介してサードパーティ製ジョブ管理システムを使用する方法があります。
本資料では、SSHを使用してLinuxのリモートマシンでon/off法を用いたトポロジー最適化計算を実行する方法を学習します。


図a リモートマシン機能を使用した分散実行の計算の流れ

キーワード

トポロジー最適化、on/off法、リモートマシン、Linux、シェル、SSH、ジョブ管理システム、PBS、分散実行

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧