[JFT146] 代理モデルを援用した最適化計算

データをダウンロードするには、ライセンスIDもしくはユーザーIDが必要です。

手順・サンプルデータ

はじめに

GA(遺伝的アルゴリズム:Generation Algorithm)を用いた最適化計算を行う場合、集団サイズや最大世代数は設計変数の数に依存します。設計変数が多いと、計算ケース数や計算時間が増加してしまいます。JMAGでは、代理モデルを援用することで、最適化計算の計算時間を短縮させることが可能です。
本資料では、代理モデルを援用した最適化計算のワークフローとして、学習データの作成、代理モデルの作成、代理モデルを援用した最適化計算の実行方法について学習します。

キーワード

代理モデル、プリインストールスクリプト、Python、最適化、AI、機械学習

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧