SPMモータ

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. 20 – SPMモータの音圧解析

    ここでは、SPMモータを対象にステータコアに発生する電磁力を求め、モータの固有モードと連成させることにより音圧を評価する事例を示します。

  2. [L-MU-110] JMAG-RTモデルを用いた制御連成解析の早期定常化

    PWMキャリアによる高調波鉄損や磁石の渦電流を考慮したトルクを評価する場合、FEAと制御回路の連携解析が必要です。定常状態の損失やトルクを評価するうえで過渡状態の結果は不要ですが、制御…

  3. [W-MO-85] 高調波損失を考慮した効率マップ評価

    永久磁石同期モータや誘導電動機はインバータで駆動され、スイッチングによる電流高調波の影響によりモータの鉄損が増加する。また、コイル素線に角線を用いるとモータの高回転側では素線内で…

  4. [W-SE-113] プラントモデルを活用した過渡応答計算時間の短縮

    PWMキャリアによる高調波鉄損や磁石の渦電流を評価する場合、FEAと制御回路の連携解析が必要である。制御回路とFEAの連携解析は過渡状態が発生し、定常状態に到達するまで計算時間がかかる場合…

  5. [L-MO-106] モデルベース効率マップ開発の試作・性能評価(精度優先モード) 

    EV ⾞両向け駆動⽤モータの最⾼効率は95%を上回る。更なる効率改善のためには1%オーダーでの評価が必要になるため、モデルベース解開発における実機との効率誤差も1%の精度が必要です。

  6. [L-MO-105] モデルベース効率マップ開発のシステム設計 (速度優先モード)

    EV向け駆動用モータの効率マップには広範な動作域かつ最高効率95%以上の特性が求められます。本効率マップ要件に応えるためには、開発の上流工程であるシステム設計フェーズにおいて、モータ種…

  7. [W-MB-64] JMAG-RTにおける損失モデリング

    本報告ではJMAG-RTモデルにおいて損失がどのようにモデル化されているかを解説する。

  8. New Opportunities for Motor Design – Electric and Hybrid Propulsion of Aircraft

    University of Wisconsin-Madison Bulent Sarlioglu

  9. Development of High-Power-Density Machines for Aircraft Applications

    University of Wisconsin-Madison Dheeraj Bobba

  10. 226 – SPMモータの振動特性解析

    ここでは、SPMモータを対象にステータコアに発生する電磁力を複数の回転数で求め、そのモータの固有モードと連成させることにより加速度を評価します。また、電磁力と固有モードの周波数成分お…

  11. 241 – 単相同期モータのN-T-I特性解析

    ここでは、単相同期モータのN-T-I特性を求めた事例をご紹介します。

  12. [L-MO-29] JMAG (FEA) による効率マップの作成

    モータの動作域全域の性能を表現する特性として効率マップが有効です。効率マップを得るためには効率が最大となる条件を探索する必要があり、これまではJMAG-RTモデル(プラントモデル)を用い…

  13. [L-MO-09] コイルエンドを含む素線形状を テンプレートで簡単に作成

    角線コイルの利用やモータの高速化に伴い、コイル交流損失は無視できない損失要因になってきています。コイル交流損失は、周波数や素線形状・配置による表皮効果や近接効果、さらにはコイルエ…

  14. [L-MB-36] JMAG-RTから得られる詳細モータ特性で 制御モデル高精度化

    モータ制御における制御パラメータの同定にはモータ特性が必要です。これまでは、コントローラ側の動作点に依らないインダクタンス、誘起電圧の定数項からなるモデルであるため、指令値に対す…

  15. [L-MB-33] モータドライブ開発を支援する JMAG-MATLAB/Simulink連携

    JMAGは、MATLAB/Simulink(以下Simulink)を開発するMathWorksと共同で、EV/HEVをはじめとしたモータドライブ開発に有用なモデルベース開発(以下MBD)を強力に支援します。モータドライブシス…

  16. [L-MB-30] JMAG-RTで制御時のモータ特性を正確にとらえる

    一般的にモータドライブシステムの制御・回路シミューションで用いられるモータモデルの特性は駆動状態に対して一定と仮定されることが多くあります。これはモデル準備のコストが低いこと、評…

絞込み検索

  • カテゴリー一覧