超伝導体中の電磁現象のシミュレーション

PDFダウンロードサービスはご利用いただけません

東京大学大学院新領域創成科学研究科先端エネルギー工学専攻 大崎 博之

概要

超電導応用機器の研究開発において、そこで使用される超電導体中の電磁現象を数値解析により明らかにすることは、実験的研究とともに重要である。超電導体は強い非線形性をもっ導電材料であり、磁性材料である。したがってその電磁的振る舞いを解析するためには、超電導体特有の電磁特性を適切にモデル化し、適当な数値解析手法を適用して解析する必要がある。超電導体あるいは超電導応用機器の解析には様々なスケールと対象があり得るが、本稿では、バルク超電導体や超電導線材中の電磁現象を解析する場合を対象とする。
以下では、超電導体中の電磁現象の概要を簡単に紹介した後、超電導体中の電磁現象の解析に必要な基本方程式と数値解析手法を説明し、具体的な解析例としてバルク超電導体のパルス着磁の解析を紹介する。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ