次世代モータドライブを拓く新方式可変磁束モータ群

東洋大学 理工学部 電気電子情報工学科
堺 和人

概要

電気機器や電気自動車(EV)を省エネルギーにするためには、モータの消費電力量電量の低減が重要となる。これらの装置に適用されるモータは可変速で運転される。さらに定常状態では軽負荷、起動時は高負荷で駆動される。永久磁石モータは定格出力点では高効率で運転できる。しかし、永久磁石の大きな磁束は多量の鉄損を発生するので、軽負荷や高速回転域においてはモータの効率は低下する。また、高速域で電圧を抑制するための弱め磁束制御は銅損と高周波鉄損を増加する。そこで、負荷や回転速度に応じて、永久磁石の磁力を可変する新概念のモータが世界で提案されてきている。本稿では、永久磁石の磁束を可変できる新方式モータについて紹介する。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ