磁気減速機の電磁振動に関する研究

大阪大学大学院 工学研究科 知能・機能創成工学専攻
新口 昇、平田 勝弘

概要

磁気減速機は、非接触で動力を伝達するため、メンテナンスフリーやトルクリミッタの機能を兼ね備えるなど、機械式減速機には見られない特長を持っているが、伝達トルク密度が小さいため、ほとんど実用化されていなかった。しかし、近年、高調波磁束を用いた減速原理を利用する構造(高調波磁束型磁気減速機)の研究により、実用的な伝達トルク密度が得られるようになった。
伝達トルク密度上昇に伴い、コギングトルクによる振動が増加するが、我々はすでにコギングトルク低減手法を確立してきた。しかし、電磁振動に関する研究は、ほとんど行われていない。そこで高調波磁束型磁気減速機の電磁振動の基礎研究として、磁場と構造の連成解析を行い、振動モードを明らかにし、試作機での検証を行ったので報告する。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ