リアクトルの直流重畳特性の実測と解析の比較検討

田淵電機株式会社 トランス技術開発部
上田 幸平

概要

リアクトルの特性には、幅広い直流重畳領域で安定したインダクタンスが求められる。そのため、鉄心の磁気飽和を防ぐためのギャップはリアクトル開発の重要な要素である。
開発初期段階では、ギャップ長や位置は試作を繰り返すことで決定する。この工程に時間とコストが多く掛かってしまう。
試作回数を少なくする方法として、CAEの使用が挙げられる。JMAGを用いてギャップ長や位置を検討することで、試作回数を減らすことが期待される。
今回、直流重畳特性解析を行い、実測との比較検討を行った。その結果、解析と実測には、誤差が生じていた。誤差の原因として、磁気曲線上にマイナーヒステリシスループが存在し、実測との差が生じたと考えられたため、マイナーループの微分透磁率及び増分透磁率を測定し、その結果をJMAGに反映させて解析を行い、実測との検証を行った。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ