JMAG-Designerによる磁心磁気特性の測定法検証

サインインするとデータがダウンロードできます

PDFダウンロード

株式会社日立製作所 中央研究所 基礎研究部 磁性プロジェクト 今川 尊雄

概要

近年、省エネルギ、省資源の観点から、モーターの効率向上が緊急の課題である。
モーター効率向上には、高品位な磁心材料の使用が必要であるが、一方で磁心内での磁性材料の磁気特性は、不可避な磁心反磁界の発生により希薄化され、明らかではない。磁心内の真の磁気特性把握とそれによる材料使用法の最適化が必須である。
Hコイル法は測定に障害となる磁心反磁界を補正できることから有効と考えているが、これを実機磁心形状に適用した例はない。本検討では、アキシャルギャップモーター磁心を対象に、その測定状態をモデル化し、JMAG により磁心周辺磁界を算出することにより、Hコイル法による磁気特性測定の妥当性を検証し、実磁心特性が素材特性と異なることをあきらかにした。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ