圧粉軟磁性材コアを用いたリアクトル直流重畳特性計算の精度向上

サインインするとデータがダウンロードできます

PDFダウンロード

三菱マテリアル株式会社 中央研究所 金川 欣次

概要

近年、環境対策の観点から電気自動車(EV)やハイブリッド自動車(HEV)などの開発が進められている。一方、環境問題と共に燃料コストの上昇がEV・HEV の普及を促進し、今後の市場拡大が期待されている。
エンジンに替わりモータを原動機として用いる自動車(XEV)においては、実用的に十分な走行性能や加速性能を得るために、モータの高出力化が求められ、更に小型化・高効率化の要請から高電圧化の開発が進められている。高電圧化を実現するためにはバッテリ電圧を昇圧するためのコンバータが必要となり、その基幹部品であるリアクトルの高効率化、小型化、低コスト化は重要な課題である。
当社ではリアクトル用圧粉軟磁性材料とコア成形の事業を行っているが、開発材を用いたリアクトルの特性を予測することは材料開発の面からも重要であり、その高精度化が求められる。
本稿では、圧粉軟磁性材コアを用いたリアクトルの直流重畳特性についてJMAG を用いて実用的な精度による予測が可能となったのでその内容を報告する。

絞込み検索

  • カテゴリー一覧