modeFRONTIERとJMAGによる最適化と品質工学の連携解析

アイシン精機株式会社
第二電子技術部
河治 学

概要

 自動車部品を設計する上で、品質とコストを両立させることは非常に重要であるが、この背反事項を満たすことは非常に難しく、時間のかかる作業である。そこで、製品設計に品質工学を導入して、特性とバラツキを評価してきた。しかし、実験計画を何度も繰り返す必要があり、手戻りも多かったので、modeFRONTIERの最適化アルゴリズムとJMAGの磁場解析を使用して品質工学による設計をスムーズに実施することを可能にしたので、その事例を紹介する。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ