多ケース同時計算による解析業務の効率化事例

サインインするとデータがダウンロードできます

PDFダウンロード

川崎重工業株式会社 柴山 義康

概要

モータ設計では、限られた期間内に、多くの制約条件やトレードオフを検討する必要がある。トレードオフを分析する手法の1つとして、多目的最適化計算を用いることが一般的となっている。最適化計算ではシミュレーションを数百~数千回実行する必要があるため、限られた期間内に計算が完了しない可能性がある。
そこで本講演では、JMAG-designerの最適化計算を多ケース分散実行することで、計算にかかる時間を短縮した事例を紹介する。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ