JMAGとRomaxツールを使用した電気自動車トラクションモーターにおけるNVH課題の解決アプローチ

ローマックス・テクノロジー・ジャパン株式会社
小山 博司

概要

昨今の電気自動車の市場拡大にあたり、モーターを含むギヤボックスの設計開発プロセスの効率化が求められています。
より早い設計ステージにおけるギヤボックス振動問題の特定、対策の検討を行うにあたり、モーター部、ギヤボックス部を独立して進めるのではなく、それぞれの相互関係を考慮する必要があります。
JMAGとRomaxのインターフェースにより、磁場解析とNVH解析のデータやり取りをスムーズに行うために開発しました。
磁場解析だけをベースとしたモーター設計判断では不十分である場合があり、NVH性能を把握した上で設計判断を行うことで、潜在的なリスクを避ける設計アプローチの必要性を紹介します。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ