磁気特性材料データベースの高精度化に向けた磁気特性測定の高速化

株式会社ブライテック
技術部
相原 茂

概要

機器の設計・解析において、磁性材料データベースの正確性は必須条件であり、特に1.5Tを超える高磁束密度領域までの正確な磁気特性は重要である。電磁鋼板の交流磁気特性測定は磁束密度波形を正弦波にフィードバック制御して測定するため、高磁束密度領域では、磁気特性の非線形性から測定時間が増大する。
弊社では波形フィードバック制御をソフトウェアからFPGAを使用したハードウェア制御とすることで、測定時間を約1/50に高速化した磁束密度波形制御装置を開発し、波形の歪み率、振幅率の低減化による正確な磁気特性測定を実現した。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ