Saberセミナー

開催概要

主催: 日本シノプシス合同会社
日時: 2015年3月6日(金)
場所: 日本シノプシス合同会社 東京本社(東京・世田谷)
URL: http://www.synopsys.com/Japan/events/Pages/saber-seminar-tokyo2015.aspx icon-external-link

Saberセミナーは、日本シノプシス合同会社主催のセミナーです。
「なぜ駆動モータのECU開発にJMAG-RTが必要か」 というタイトルで弊社鈴木が発表します。

電磁界解析ソフトウェアJMAGは、1983年のリリース以来、多くのモータ設計・開発プロジェクトで活躍してきました。
JMAGは、モータモデリングのための豊富な機能を有しており、様々なプラットフォーム向けに高速高精度のプラントモデル(JMAG-RT)を生成することができます。
Saberで構築されたシステムにJMAG-RTを組み込むことで、システム設計からECU検証まで効率的に進めることが可能になります。
本セミナーでは、モータ設計フローとシステム設計フローをそれぞれ俯瞰し、JMAG-RTの有用性について紹介します。

開催レポート

技術パートナーである日本シノプシス合同会社主催で、Saberセミナーが開催されました。
本セミナーは年に2度、名古屋と大阪で開催されており、半導体メーカのほか、自動車、航空宇宙、パワーエレクトロニクスなど多岐にわたる分野の方が参加されています。
JMAGも「なぜ駆動モータのECU開発にJMAG-RTが必要か」と題し、JMAG-RTの有用性を発表しました。
本プレゼンテーションでは、JMAG-RTを利用することで、機能設計や機能テストの時点での問題発見ができ、システム開発にかかる時間を短縮することを述べました。
このセミナーを通じて、JMAG-RTがSaberのモータドライブシステムシミュレーションを強力に支援していることをSaberユーザーの皆様に理解いただけたと感じております。
今後ますますJMAG-RTが活躍する場面が増えることを心待ちにしております。

会社紹介

製品パートナー
Synopsys, Inc.

アーカイブ

アーカイブ