[L-OP-26] 多ケース計算のライセンスコスト削減

サインインするとデータがダウンロードできます

PDFダウンロード

概要

パラメトリック解析、最適化、JMAG-RTモデル生成など多ケース計算のライセンスコストを抑える新ライセンス体系を導入いたしました。
設計空間探索、MBDのためのプラントモデル(システムシミュレーションで制御対象となる物理モデル)作成には、多数のパラメータ、範囲に対し、全ての組み合わせを網羅する多ケースの計算が必要になります。場合によっては1,000ケース以上の計算が必要になることもあり、膨大な計算時間を要します。
計算時間の短縮には、複数ケースの同時実行が有効ですが、これまで同時実行できるケース数が所有ライセンス数と比例するため、解決策になりにくいという問題がありました。
パワーシミュレーションライセンス(PSL)は、ジョブ単位でライセンスをカウントします。1つのモデルの「最適化」や「JMAG-RTモデルの生成」など、単一目的のための多ケースの計算を1つの計算(1ジョブ)として認識します。
PSLは下記の特徴を有します。

  • ライセンス価格は100ライセンスに比べ10-20% の価格となる。
  • 1ジョブ内では、最大100ケースの同時実行が可能。
  • 1ジョブ内では、複数ケースを同時に計算してもライセンス消費はPSL 1つのみ。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧