[L-MB-30] JMAG-RTで制御時のモータ特性を正確にとらえる

サインインするとデータがダウンロードできます

PDFダウンロード

概要

一般的にモータドライブシステムの制御・回路シミューションで用いられるモータモデルの特性は駆動状態に対して一定と仮定されることが多くあります。これはモデル準備のコストが低いこと、評価する項目が制御時の定常トルクなど平均的特性であり、要求される出力に対して電圧制限の余裕がある場合には問題にならないためです。しかし、高速回転時(弱め界磁領域)でモータの性能を最大限まで引き出すような制御を行う場合は高調波成分の影響は無視できません。高調波成分の影響を詳細に捉えるために実機での検証が行われることがありますが、実機が準備できるまで検証ができない、というデメリットもあります。
JMAG-RTモデルは高調波成分も含んだ実機に対して高い再現性をもったモータモデルです。モータの性能を最大限まで引き出すような制御を実機製造を待たずに検討することが可能になります。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧