[L-OP-57] 多種多様な設計案の迅速な評価

概要

高性能な機器の設計を追及するためには、設計案のわずかな変更が機器特性におよぼす影響を把握する必要があります。数多くの設計案を迅速に評価し、最適な特性を見極めるうえで、多くの設計案を高速に解析する能力は不可欠となります。
HPCシステムのようなクラスタを用いた同時計算により、計算時間を短縮することが可能です。JMAGは多ケースのジョブ投入を適切に行うことで、分散処理の性能を最大限あげることができます。
例えば、回転機の設計検討においては、多くの異なる設計案を解析する必要があるだけではなく、各設計案は効率マップなどのマップの評価も必要になるため、必要なケース数は非常に多くなります。結果として、ケースの合計数は1万以上となります。

図1 回転機のパラメトリック解析
図1 回転機のパラメトリック解析
335の設計案について、効率マップを得るために30の動作点の計算を実施した。本モデルは要素数50,000、ステップ数193となっている。

続きを読むには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録 サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧