[L-SE-116] 補正機能を用いた電磁力の計算精度向上

概要

動作の精度が要求される精密機器の解析では、漏れ磁束などによって生じる微小な電磁力にも高い精度が要求されます。しかし、メッシュ分割による誤差があるため、その誤差以下の力を評価することはできません。例えば、コイルと磁石の間に働く力を計算する時、コイルに流す電流を小さくしていくと、ある点から誤差に埋もれてしまい正しい力が得られなくなります。この問題はアダプティブメッシュを使うことで改善されますが解消はしません。

続きを読むには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧