[L-MU-110] JMAG-RTモデルを用いた制御連成解析の早期定常化

サインインするとデータがダウンロードできます

PDFダウンロード

概要

PWMキャリアによる高調波鉄損や磁石の渦電流を考慮したトルクを評価する場合、FEAと制御回路の連携解析が必要です。定常状態の損失やトルクを評価するうえで過渡状態の結果は不要ですが、制御による高調波を考慮した過渡解析はステップ数も多く、定常状態に達するまで時間を要します。JMAGではリアルタイムシミュレーションで利用できる高速高精度のプラントモデル(以下、JMAG-RTモデル)を用いて過渡状態の計算を高速に解き、定常状態到達後にFEAの連成解析に切り替えることで、短時間で高精度な結果を得ることが出来ます。

絞込み検索

  • カテゴリー一覧