[L-MA-04] より使いやすくなった鉄損解析機能

概要

鉄損解析を行う際、解析対象、目的、精度、利用可能なデータの種類などを考慮して最適な手法を選択する必要があります。
JMAG Ver.15.1では、インターフェースを改良しました。豊富な経験とノウハウに基づきプリセットされた解析シナリオを、リストから選択するだけで実施することができます。任意の手法を組み合わせ、独自のシナリオを実施することも可能です。

続きを読むには、会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。サインインまたは、会員登録が必要です。
会員登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン  

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧