シミュレーションによるモータ効率マップ評価セミナー(再)

前回開催の内容と同じセミナーになります。

開催趣旨

効率はモータの特性のうちでもっとも重要な項目の一つであり、駆動用モータなど動作域の広いアプリケーションではマップで評価する必要があります。モータドライブシステムのモデルベース開発が進む中で効率マップ評価には以下のような課題があると思います。

  • 高額なモータベンチの導入
  • 試作を待たないと評価できない
  • 人が長時間ベンチにはりついて作業する人件費

一方、効率マップを電磁界解析で評価することは限定的にしか行われていません。原因はモデル構築の手間と解析時間です。
本セミナーでは電磁界解析ソフトウェアJMAGを使って試作前に実駆動状態の効率マップを評価することを提案します。概念設計時に短時間に効率マップを評価する方法、テスト段階で実駆動状態下の効率マップを評価する方法を紹介し、モデルベース開発促進に貢献します。

概要

主催 株式会社JSOL
時間 13:30~17:00(受付時間 13:10~)
開催日時・会場・定員
東京 2019年9月18日(水) [MAP] 18名
名古屋 2019年9月27日(金)[MAP] 20名
アジェンダ
  • 効率マップ評価の課題とアプローチ
  • シミュレーションによる効率マップ評価のワークフロー
    • 高速に効率マップを評価する方法(概念設計)
    • 実駆動状態を再現した効率マップ評価方法(試作・検証)
  • 実測効率マップとの比較事例
  • JMAG 最新機能:効率マップ評価機能のご紹介
対象者 JMAGをご利用の方
参加費 無料(事前登録制)
申込〆切 開催日5営業日前
(定員に達した場合、締切らせていただくことがございます。)

お申込み

2019年03月15日
参加受付は締め切らせていただきました。お申し込みありがとうございました。

最少開催人数/開催中止について

お申し込みが2名に満たない場合は中止させていただく場合がございます。また、講師の急病、事故、交通機関のストライキ、台風や地震等のため、やむを得ず休講または日程変更することがあります。予めご了承ください。その際は改めてご連絡申し上げます。

キャンセルについて

準備の都合上、お申込みの取り消しはセミナー開催初日の5営業日前までとさせていただきます。

お問い合わせ

こちらのページからお問い合わせください。

アーカイブ

アーカイブ