MBD

並べ替え条件
新しい順
古い順
Views
  1. 255 – 3次元補正を用いたIPMモータのN-Tカーブ評価

    ここでは、補正機能を使ってN-Tカーブを求めた事例をご紹介します。

  2. [JFT077] 任意の回路トポロジを持つJMAG-RTモデル作成

    本資料では、任意の回路トポロジを持つプラントモデル(JMAG-RTモデル)の作成方法を学習します。

  3. [W-MB-64] JMAG-RTにおける損失モデリング

    本報告ではJMAG-RTモデルにおいて損失がどのようにモデル化されているかを解説する。

  4. [W-MB-63] JMAG-RTモデルの最適な分解能の決定方法

    本資料では、システムシミュレーションを行いながら反復的にJMAG-RTモデルの分解能をあげる方法を提示する。

  5. 245 – インジェクタ制御と渦電流の影響

    ここでは、渦電流を考慮する場合と考慮しない場合のインジェクタの応答性の違いを評価した事例を示します。

  6. 3次元解析を利用したJMAG-RT活用事例

    株式会社ミツバ 田村 夏海

  7. PWMインバータで駆動する永久磁石同期モータの電磁力解析

    日立オートモティブシステムズ株式会社 星野 勝洋

  8. [JFT067] 多目的ファイル出力ツールで出力した電磁力のプレビュー表示

    本資料は、多目的ファイル出力ツールを使用し、出力した電磁力分布をプレビューする方法を学習します。

  9. [JFT058] JMAG-Designerを用いた効率マップの作成 (速度優先)

    本資料では、JMAG-Designerの効率マップスタディ(速度優先)を用いて、効率マップを作成する方法について学習します。

  10. 243 – 制御シミュレータとJMAG-RTを用いたボイスコイルモータの制御シミュレーション

    ここでは、ボイスコイルモータのJMAG-RTモデルを制御/回路シミュレータへ取り込んで、可動子の位置を制御する回路シミュレーションを行っています。

  11. 214 – 回路制御シミュレーションを用いたIPMモータのティースに働くラジアル力のモニタリング

    ここでは、IPMモータをJMAG-RTモデルとして制御/回路シミュレータへ取り込み、動作点(電流位相)を変えながらモータ駆動時のティースに働くラジアル力をモニタリングしています。

  12. [JFT071] ユーザー定義計算素子の作成

    本資料では、ユーザー定義計算素子の作成方法を学習します。

  13. [W-MB-102] モデルベース開発とシミュレーションによるモータ効率マップ評価⽅法

    本報告では概念設計、詳細性能評価における効率マップ⽣成評価⽅法について解説する。また、マップに求められる精度、⽣成コストについて説明する。

  14. [JFT059] 高調波電流の考慮方法(JMAG-RT)

    本資料では、プラントモデル(JMAG-RTモデル)を用いた回路シミュレーションにより高調波電流波形を求め、磁界解析で使用する方法について学習します。

  15. [L-MB-33] モータドライブ開発を支援する JMAG-MATLAB/Simulink連携

    JMAGは、MATLAB/Simulink(以下Simulink)を開発するMathWorksと共同で、EV/HEVをはじめとしたモータドライブ開発に有用なモデルベース開発(以下MBD)を強力に支援します。モータドライブシス…

  16. [L-MB-32] 制御時機器の応答性を高い精度で再現する直接連携解析

    電磁弁やインジェクタなど制御に対して高速な応答性が求められる機器では、制御の高度化に伴いシミュレーションに求められる精度が高くなってきています。これらの機器では制御・回路シミュレ…

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧