[JFT058] JMAG-Designerを用いた効率マップの作成 (速度優先)

データをダウンロードするには、ライセンスIDもしくはユーザーIDが必要です。

手順・サンプルデータ

概要

モータ設計では、まず大まかな設計案を多数検討し、設計要求を満たす設計案に絞り込んでいきます。絞り込みの際には、モータの設計案ごとに効率マップを描画させ、運転可能な領域や各動作点での効率を確認することが有益です。設計案が絞り込めたら、インバータを考慮した交流損失などを考慮し、より高精度な効率マップを作成し評価します。
従来、効率マップの作成は非常に手間がかかっていましたが、JMAGの効率マップスタディを使用することで、シームレスに検討することが出来ます。
本資料では、JMAG-Designerの効率マップスタディ(速度優先)を用いて、効率マップを作成する方法について学習します。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧