[JFT064] 2Dで段スキューを考慮したモータの振動解析方法

データをダウンロードするには、ライセンスIDもしくはユーザーIDが必要です。

手順・サンプルデータ

概要

モータ駆動時の振動を低減するために、ロータ側に段スキューが施される場合があります。JMAGで段スキューを考慮した振動解析を行う場合、以下の方法があります。

  • 3D形状を用いた磁界解析および振動解析の実施
  • 簡易的にスキューを考慮するためにロータ初期位置を変えた2D磁界解析を実施し、3Dのモデルにマップして振動解析を実施

後者は軸方向磁束の影響が考慮できないデメリットがある一方で、計算時間を大幅に短縮できるというメリットがあります。
本資料では、2Dで段スキューを考慮したモータの振動解析方法について学習します。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧