[JFT076] 複数のスタディを用いた形状最適化実行方法

データをダウンロードするには、ライセンスIDもしくはユーザーIDが必要です。

手順・サンプルデータ

概要

最適設計を探索する場合、目的関数として複数の動作点や物理現象を扱うことがあります。その際、設計変数に寸法を含む場合は全ての解析で同一の形状を扱う必要があります。
JMAGでは、解析グループを使用することで複数のスタディに対して同一の形状を扱うことが出来ます。
本資料では、複数のスタディを用いた形状最適化の実行方法を学習します。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧