[JFT088] 鉄損特性データを用いた鉄損計算(異常渦電流損失の分離)

データをダウンロードするには、ライセンスIDもしくはユーザーIDが必要です。

手順・サンプルデータ

概要

電気機器の設計において、高効率化の要求が高まっています。シミュレーションで効率を評価するには、損失を高精度に求める必要があります。損失は発生箇所に応じて、銅損、鉄損、漂遊損、機械損に分けられます。特に鉄損の発生メカニズムが複雑であり、目的に応じて適切に計算方法を選択する必要があります。JMAGでは、鉄損計算のタイミング、アルゴリズム、異常渦電流損失の扱いに応じて複数の計算方法をサポートしています(表a-1)。
本資料では、表a-1に示す方法Bを用いた鉄損の計算手順について学習します。

キーワード:電磁鋼板、鉄損、鉄損特性データ、ヒステリシス損失、渦電流損失、異常渦電流損失、プレイモデル、積層解析

表a-1 鉄損計算手法の分類

方法 鉄損計算のタイミング アルゴリズム 異常渦電流損失の扱い
A 磁界解析の後処理 鉄損特性データ 考慮する
B 磁界解析の後処理 鉄損特性データ 考慮する
分離して評価する
C 磁界解析の後処理 プレイモデル
積層解析
考慮しない
D 磁界解析の後処理 プレイモデル
積層解析
考慮する
E 磁界解析内 プレイモデル
積層解析
考慮しない

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧