LS

鉄損計算

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. 18 – IPMモータの熱解析

    ここでは、モータ全体の損失分布を求めるために損失解析と温度分布を評価する熱解析モデルを作成し昇温過程を解析することで、モータの温度分布を評価します。

  2. 228 – 誘導電動機の熱解析

    ここでは、誘導電動機の温度分布を評価した事例を紹介します。

  3. [JFT047] JMAG-Designerで行う電流制御を考慮したモータの高調波損失計算

    本資料では、電流制御(PWM制御)されたモータの高調波損失を計算する方法を学習します。

  4. 201 – SRモータの鉄損解析

    ここでは、SRモータに生じる鉄損をより精度よく捉えるために、材料のヒステリシスループを考慮したヒステリシス損と積層断面内の渦電流損を考慮した鉄損解析手法を紹介します。

  5. 200 – ヒステリシスモデルを用いたIPMモータの鉄損解析

    ここでは、直流偏磁状態のマイナーループを考慮したヒステリシスモデルと積層方向の渦電流分布を考慮した積層解析機能を併用してIPMモータにおけるより高いキャリア高調波成分による鉄損を評価…

  6. 167 – 三相誘導電動機の鉄損解析

    ここでは、回転速度3,300(r/min)時のステータコア、ロ-タコアの鉄損を確認した事例についてご説明します。

  7. 142 – 分割コアの圧入解析

    ここでは、コアとフレームの締結による応力解析を圧入条件でモデル化し、応力を考慮した場合としない場合のIPMモータの無負荷時の鉄損密度を求めています。

  8. 235 – リアクトルのコア漂遊損解析

    ここでは、リアクトルのコア漂遊損解析の事例についてご説明します。

  9. 202 – 電力用変圧器のコア漂遊損失解析

    ここでは、漂遊損失を評価する際に行う短絡試験をモデル化して解析を行い、巻線に隣接したコアの漂遊損失分布を求めています。

  10. 203 – 電力用変圧器の無負荷試験解析

    ここでは、JMAGで無負荷試験の解析を行う場合のモデル化とそこから得られる鉄損分布、電流、励磁コンダクタンス、励磁サセプタンスを求めています。

  11. 181 – SRモータの駆動特性解析

    ここでは、回転数ごとにスイッチタイミングを変えた場合のトルクや損失、効率などの駆動特性を求めた事例を紹介します。

  12. [JFT003] 電磁鋼板内部のヒステリシスループ、損失密度分布の評価

    本資料では、鋼板厚み方向に対する鉄損分布の評価方法について学習します。

  13. 238 – 直流重畳を考慮したリアクトルのヒステリシス損失解析

    ここでは、直流電流に加えスイッチングに伴う高周波電流が流れるモデルに対し、ヒステリシス損失の計算方法としてループカウント法とプレイモデルを用いた方法の違いを比較します。

  14. 229 – PWMを考慮した誘導電動機の鉄損解析

    ここでは、PMW制御を考慮した誘導電動機でスタディを作成する方法について説明します。

  15. [RTML-036] PMSM/SPM 連続定格 100(kW)

    型式:PMSM 出力:100k ステータ外径:400(mm) 積厚:63(mm) 電源:DC500(V)/200(A) ロータ:SPM 平均トルク(N·m):179

  16. [RTML-035] PMSM/IPM 連続定格 100(kW)

    型式:PMSM 出力:100k ステータ外径:400(mm) 積厚:81(mm) 電源:DC500(V)/200(A) ロータ:IPM(-字) 平均トルク(N·m): 179

絞込み検索

  • カテゴリー一覧