[JFT097] 材料特性を設計変数とした最適化実行方法

データをダウンロードするには、ライセンスIDもしくはユーザーIDが必要です。

手順・サンプルデータ

はじめに

機器の振動の特性を把握するために、実験結果と解析結果の相関をとります。固有周波数などが解析結果と実験結果で一致せず、解析結果を実験結果に近づけたいときには、ヤング率やポアソン比などの材料特性を変化させるような最適化計算が有用です。
JMAGでは、カスタム材料の透磁率や電気抵抗率、ヤング率、比熱などの材料特性を設計変数としたパラメトリック解析や最適化が可能です。
本資料では、材料特性を設計変数とした最適化を実行する方法について学習します。

キーワード:相関解析、パラメトリック解析、最適化、ケースコントロール、設定一覧、材料特性一覧、材料

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧