[JFT187] 時間変化を考慮した磁界解析と構造解析の直接連成解析

サインイン するとデータがダウンロードできます
Remember me
サインイン

※ライセンス管理者に案内をしているライセンスIDとパスワード、もしくはユーザーIDをご用意ください。
※尚、JMAG WEB MEMBER(無料会員)向けのサービスとは異なります。ご注意ください。
JMAG WEBサイトの認証IDに関して

はじめに

実現象をシミュレーションする場合、たとえば、モータの電磁力による変位がギャップ幅に比べて無視できない場合や、コアの応力依存性やBH特性の時間変化が振動に及ぼす影響を無視できない場合、直接連成解析が必要です。JMAGでは磁界過渡応答解析と構造過渡応答解析の直接連成解析を行うことで、電磁力により形状が変形し、その変形により電磁力が変化するような解析を行うことができます(図a)。
本資料では、磁界解析と構造解析の時間変化を考慮した双方向での連成解析を行う方法を学習します。

図a 直接連成解析(磁界解析と構造解析)図a 直接連成解析(磁界解析と構造解析)

キーワード

直接連成、双方向、変形、梁

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧