123 – チョークコイルの熱解析

アプリケーションノート・モデルデータ

概要

チョークコイルは高周波電流のフィルタリングを目的とした電子部品です。チョークコイル内部で発生する電流は、表皮効果、近接効果、ギャップ付近の漏れ磁束による電流の偏りのため、素線内や素線間で分布を持ちます。またコアに発生する鉄損もコア内の磁束密度の偏りにより分布を持ちます。
チョークコイル内部で発生するコアの鉄損やコイルの銅損は効率を悪化させるだけでなく熱源にもなるため、熱設計の観点から、事前に把握し対策をとる必要があります。銅損や鉄損を熱源とした発熱現象を定量的に評価して設計にフィードバックするためには、有限要素法による解析が有効です。
ここでは、チョークコイルの鉄損及び銅損を熱源とした温度分布を求めています。

温度分布

コアの温度分布を図1、各部品の最高温度を図2に示します。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧