臨界電流の磁界依存性を考慮した超伝導体の損失の計算

PDFダウンロードサービスはご利用いただけません

九州工業大学 小田部 荘司

概要

臨界電流の磁界依存性を考慮した超電導体の損失を、JMAGを使って計算を行った。形状は理論解析を容易にするために円柱状とした。磁界依存性を表すモデルとしてはKimモデルを用いた。一方、磁東線に働く力の釣り合いの式から微分方程式を立て、これを数値的に解くことにより内部の磁東分布を求め、最終的に損失を計算した。これらの結果は広い電流範囲で一致し、有限要素法による計算が精度良く行われていることを確認することができた。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ