超電導体の交流損失の計算

PDFダウンロードサービスはご利用いただけません

九州工業大学 情報工学部電子情報工学科 小田部 荘司

概要

円柱状超電導体に交流通電した際の交流損失をJMAGを使って計算を行い、その結果が理論結果と一致することを確かめた。さらに臨界電流の磁界依存性と形状効果を考慮した超電導体の損失を、JMAGを使って計算を行った。その結果はQMG酸化物超電導限流器の実験結果と良く一致した。したがって、これらを考慮していない単純なNorrisの式が実験結果と一致するのは、両方の効果が打ち消しているためであり、Norrisの式は偶然に一致しているだけであると考えられる。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ