圧粉磁芯における磁芯損失と磁芯抵抗率の相関検討

PDFダウンロードサービスはご利用いただけません

大同特殊鋼株式会社 藪見 崇生

概要

圧粉磁芯の大きな特長は、高い磁芯抵抗により渦電流損失が低くなることである。また、磁芯の抵抗率は絶縁皮膜の量などによって制御することができる。一方、ヒステリシス損失は磁芯材質によってほぼ確定するので、設計手法として、渦電量損失がヒステリシス損失より低くなるように磁芯抵抗率を調整することが、圧粉磁芯の特長を生かすポイントとなる。しかし、渦電流損失は圧粉形状にも大きく依存するため,必要な磁芯抵抗率を推定するのは容易ではない。ここでは、電磁場解析によって小型リング形状の形状を変えた場合の磁芯抵抗率と損失との相関を調べ、実験結果と比較した。
その結果、両者に良好な一致が認められ、複雑形状や大型磁芯への展開の可能性も確認した。

絞込み検索

  • カテゴリー一覧