誘導加熱解析の精度に及ぼす磁気特性の影響

NTN株式会社 先端技術研究所
結城 敬史

概要

誘導加熱解析においてワークの磁気特性として用いられる物性値には比透磁率とB-H曲線がある。今般、磁気特性として比透磁率およびB-H曲線を用いて同一対象を解析し、実験結果と比較して解析精度を検証した。その結果、B-H曲線を用いた解析結果は実験結果とほぼ合致したが、透磁率を用いた場合は800 ℃付近で実験結果とずれが生じることが明らかになった。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ