シミュレーションを用いた制御システムによる自溶合金再溶融プロセスの開発~実験値と解析結果の比較検討~

サインインするとデータがダウンロードできます

PDFダウンロード

日本サーモニクス株式会社 長田 智司

概要

自溶合金は溶射後に再溶融(フュージング)を行うことで目的の硬さが得られる特徴を持っている。通常この再溶融作業は人手によっておこなわれており品質の安定と作業効率の向上が課題となっている。そこで弊社は高周波誘導加熱を用いることで自溶合金再溶融プロセスの品質安定と作業効率の向上を目指している。その研究の一環としてJMAGの誘導加熱シミュレーションを活用している。
今回、自溶合金が多く用いられているボイラーチューブを対象として誘導加熱実験を行った。その時の実験値と解析値の差を比較検討した結果を報告する。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ