ロータセグメント形フェライト磁石アキシャルギャップモータの開発

するとデータがダウンロードできます

PDFダウンロード

北海道大学 大学院 情報科学研究科 竹本 真紹

概要

永久磁石同期モータ(PMSM)は,現在のハイブリッド自動車において自動車性能を左右する重要な要素の1つである。そのため,PMSMには小型化・高出力化・高効率化といった,極めて高い性能が要求される。これまでPMSMの性能向上に対し,大きく貢献してきたのがレアアースを原材料とする希土類磁石である。希土類磁石は,強力な磁石としてPMSMに多く使用されているが,希土類磁石の原材料となるネオジムやジスプロシウムなどのレアアースは,世界シェアの90%以上を中国に依存するという強い偏在性を抱えている。この偏在性に起因して,レアアースの価格高騰や輸出規制といった問題が生じつつある。したがって,希土類磁石を用いないPMSMを研究・開発することが強く求められている。そこで,我々の研究グループでは,希土類磁石の代替としてフェライト磁石を用いたロータセグメント形アキシャルギャップモータを提案している。本発表では,提案するモータの試作機の試験結果より,提案モータの有効性を示す。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ